スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ネットカフェ初潜入レポ♪
いまさらって気もしますが、先日カレシとネットカフェへ行ってきました。
もしかしてラブホ代わりに使えるかも、という超不純な動機で覗いてみたんですけど(笑)結論から先に言いますと、使えなくはありませんが、いろいろ制約があるみたいです。

私たちが使ったのは、2人用の個室。床がフカフカしていて、ベッドとして十分利用可能です。広さは2メートル四方くらい。天井はなく、背の高い男性がちょっと背伸びすれば中は丸見えです。さすがに覗き込むヤツはいませんでしたけど、もしかして見られるかもという不安が常につきまといます。まあ、覗かれて困るようなことをするほうが悪いんですケド・・・

あちこちからヒソヒソと話し声が聞こえてきます。そう、ここは声が筒抜けなんですよね。そりゃそうです、天井がないんですから。
彼がいきなり私の下半身を脱がし、パックンしてきました。思わず声が出そうになるのを懸命にこらえる私・・・
上着をまくり上げ、乳首を舐めながら私のモノをしごく。おしりの穴に指を入れ、グリグリ掻き回してくるもんだから、声が出ないよう自分の口を手のひらで塞いでいました。
hikaru2401-1.jpg

全裸で四つん這いにされ、彼がカバンの中からイチジク浣腸を取り出します。
「そんなことしたらダメ!」と小声で叫ぶ私。彼は服を着たままです。
「浣腸がイヤなら、このまま店内を連れ回すぞ」
「そんな~」
「どっちかにしろ。素っ裸で店内を連れ回されるほうがいいか、浣腸されるほうがいいか」
「・・・浣腸のほうがいいです」
チューと注入され、背後からおっぱいを烈しく揉まれる。

「もう限界、トイレ行かせて!」
「ダァ~メ。このままここで漏らしちゃえば?」
「そんなこと、できないよ!」
「ほぅら、おまえの服はここにあるぞ。返してほしいか」
「お願い、返して」
苦痛に顔を歪めながら全裸で懇願する私。それを見てニヤニヤ笑う彼。
声は出せないし、トイレにも行けない、最悪の状況・・・
「ロープ持ってくりゃよかったな~」と彼がお気楽なこと言ってる。
冗談じゃない、こんなトコで全裸で縛られて、おまけに浣腸なんかされた日にゃ立ち直れましぇ~~ん!

身をよじって便意に耐えながら、やっとの思いで返してもらった服を身に着け、トイレへ直行。
ホッとしてると、ドアの向こうから彼の声。「おしり、きれいに洗っとけよ」

こーいうカレシと来る場合、ネットカフェは避けてラブホにしたほうが無難のようでしゅ。。。
hikaru2404-1.jpg
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2008/02/25 22:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<医学的根拠はありませんが・・・ | ホーム | 性同一性障害について>>
コメント
初めまして、潜入レポ、面白かったです。

最近のネットカフェは、個室もあるんですね。
とても 魅力的な肢体に 黒い縄、セクシィです。
 また、お邪魔します。
【2008/02/28 00:05】 URL | yuu #nlOSOfr6[ 編集]
yuuさん、コメントありがとうございます。
かなり大きなネットカフェだったから、こんなことができたんですよね。
ちなみに写真は別の場所で撮ったものです♪
【2008/02/28 18:59】 URL | pink-cat #lN14HRyQ[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pinkcat1009.blog22.fc2.com/tb.php/10-41926e98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
桃猫(pink-cat)のお部屋


普段の私は「オトコ」として生活してます。といっても、こんな長い髪してますから、相当怪しいヤツと思われてるかも・・・でもいいんです。そういうの好きだから。

プロフィール

pink-cat

Author:pink-cat
はじめまして♪
私、桃猫(pink-cat)が書いた小説と写真です。どうかご覧ください。

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。