スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
自由を奪われることの快感
ところどころ結び目のついた、2本に束ねられた縄。
輪っかの部分を首にかけられたとたん、私の心にスイッチが入った。
口が半開きになり、目がうつろになる。

垂れ下った縄の端が股間に通され、背中から2匹の蛇が回り込んでくる。
結び目の間を縫うようにくぐると、また背中へ戻っていく。
その繰り返し。
2匹の蛇がうしろで交差するたび、ぎゅっと体が締め上げられる。
思わず、熱い吐息が漏れた。

縄が織りなすいくつもの菱形が、徐々に私の全身を覆っていく。
ぴんと張りつめた肌が灯りを反射し、さらに淫靡な雰囲気を醸し出す。
深く息を吸い込むと、縄が遠慮なく私の肉に食い込んできた。
震える息をそっと吐き、私はひとり陶酔に浸った。

腕をうしろに捻じ曲げられ、手首をきつく縛られる。
これで、完全に自由が奪われてしまった。
もはや私は、目の前にいるご主人さまの思うがまま、されるがままの性奴隷。
その絶望感が、さらに私を陶酔の世界へ引きずり込んでいく。

手首から伸びた縄が二の腕の下を通り、平行に交差する縄をきゅっと締め上げる。
腕の感覚が徐々に麻痺し、みるみる紫色に変わっていった。
なんという無防備さ。
今の私には、人格すらない。
ご主人さまの性欲を満たすためだけに存在する、セックス・ドール。
hikaru1174-1.jpg

首輪をつけられ、ベッドまで引っ張られていく。
上体をベッドにもたせかけると、無防備なおしりに浣腸器が挿し込まれた。
ひんやりした薬液が、私の体内に注がれる。
これは、苦痛を与えるための浣腸。
おしりに栓をされ、抜け落ちないよう細いひもで腰に固定される。

もがき、苦しむ私。
それを満足そうに眺めるご主人さま。
どんなひどい目に遭わされようが、私は懇願するしかできない。
支配するものと、される者。
私の訴えはあっさり退けられ、いつ果てるとも知れぬ苦痛に身をよじるばかり。

奉仕を求められた。
脂汗を垂らしながら、それに懸命に応える。
へただと言われ、ベッドに転がされると、おしりが真っ赤になるまで平手で打たれた。
内臓から湧き上がってくる苦痛と、おしりへの直接的な痛み。
呼吸も満足にできないほどの苦しみに、私はただ耐え続けるしかない。
その苦しみの中に、えもいえぬやすらぎがある。
支配されている者特有の、所有される歓びがそこにある。
hikaru2402-1.jpg

ようやく排泄を許され、束の間の安堵を得る。
でもそれは、ほんのいっときのもの。
きれいになった直腸に、巨大なディルドが挿し込まれ、スイッチを入れられる。
快楽と苦痛の狭間で、私は奴隷の歓びを噛みしめた。

両脚を大きく開かれ、ロープでしっかり固定。
おっぱいから下腹部、太ももへ、熱いろうが垂らされる。
逃げる私。でも逃げられない。
やめて、お願い、なんでもしますから。

腕を固定していた縄を解かれ、ベッドに寝そべるご主人さまを口で奉仕。
少しでも気に入らないと、容赦なくビンタが飛んでくる。
ぱしん。
今の私は、おしりに挿し込まれたディルドと同じ。
快楽を与えるためだけに存在する、単なる道具のひとつに過ぎない。
hikaru2403-1.jpg

最後に、ご褒美。
ディルドがそっと抜き取られ、ご主人さまのモノが私の中に深々と挿入される。
縛られたまま、狂ったようにピストンを繰り返され、思わず絶叫。

苦痛から快楽へ。
その落差が大きければ大きいほど、それは深みを増す。
したたる白濁を下腹部にぶちまけ、私は恍惚の表情を浮かべていた。

抜き取られた肛門から、ご主人さまの雫が溢れ出す。
まだ私の体には、縄が巻きつけられてる。
その縄を指先でなぞりながら、私は人形になれたことを心から悦ぶ。

肉体の持つ可能性。
それは、苦痛によって呼び覚まされることもある。
愛よりも深く、人の理性を超越したところで開花する悦楽の華。
そういうものが、たしかにある。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2008/02/01 15:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<短編小説『光くんの受難』 | ホーム | 短編小説『コロニーシップD-06号帰還せよ』<前編>>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pinkcat1009.blog22.fc2.com/tb.php/7-4c1a0beb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
桃猫(pink-cat)のお部屋


普段の私は「オトコ」として生活してます。といっても、こんな長い髪してますから、相当怪しいヤツと思われてるかも・・・でもいいんです。そういうの好きだから。

プロフィール

pink-cat

Author:pink-cat
はじめまして♪
私、桃猫(pink-cat)が書いた小説と写真です。どうかご覧ください。

最近の記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。